子供への英語教育について

子供への英語教育は低年齢化しているようです。

最近の子供たちはともかく、私たち大人にとっては英語を話せるということがとても特別な印象を受けますが、海外旅行などにでかけることも多くなった最近の日本では、英語が話せると旅も倍楽しくなるなどメリットも多いので人気も高まっているのでしょう。

こうしたことも踏まえると英語教育は小さいうちから始めたほうが

覚えも良いですし、母国語に近い感覚でみにつけられそうです。

英語を話す人口は多いので、その分ネイティブではない人たちにとっては、英語教育は必要なのですが日本はやはり英語教育を始めるのが遅いのではないかと思います。

私たち大人をはじめ高齢化していくほど英語教育を受けていない人も多いですし、またそのシステムや教材も今日ほど良いものがないので、余計に敷居の高い物だと感じてしまうのかもしれません。

これからは、英語だからと特別に意識をせずに母国語である日本語と変わらない感覚で英語を気楽に話すことができると旅行にいってもまた、外国に行った時もいまより楽しく過ごせるのかもしれません。